筋肉トレーニングと競技練習との「違い」


トレーニングや練習というと、何を目的にして取り組むのか。という意識が重要となります。

例えば、

ゴルフで飛距離をアップさせたいという人がいます。

飛距離をアップさせるための手段は大きく2つ。

①遠くに飛ばすためのスイング技術を向上させる。

②遠くに飛ばすための体(筋力)を向上させる。

この2つをゴチャゴチャにして取り組んでいる人が多く見られます。

どちらか1つに取り組んでいるだけでは頭打ちが直ぐにやってきます。2つを行ったり来たりしながら、らせん階段的に向上させていくのがオススメです。

競技力の高いアスリートならば、それぞれ専門の指導者が複数名まわりにいます。競技の指導者・体作りの指導者というように。

理想的なのは、この2人の指導者が互いにトレーニング計画を話し合って作り上げていくこととなります。

しかし、一般的には複数の指導者から深く見てもらうことはあまりありません。ですので、ご自分でマネジメントをしていくか、どちらか片方を専門家と一緒に取り組んでいくというのが現実的です。

多くの場合、競技スキルにばかり目がいって、身体作りを疎かになっています。なかなか上手くいかない人や、つまづいて悩んでいる人は競技練習とは別でフィジカルトレーニングにも取り組んでみると良いでしょう。


【追記】

タイトルとは異なる話となりますが…

使えない筋肉。という言葉があります。

これは筋肉が発達してムキムキなのに、まったくスポーツはダメダメ。なんて人のことを指しているのでしょう。

筋肉が発達することと、スポーツが上達することは、厳密に言うと全くの別物です。上記の①と②の違いとなります。

ムキムキな人でもスポーツが上手な人もいます。ヒョロヒョロな人でスポーツが上手な人もいれば、イマイチな人もいます。

違いは何なのでしょうか?

【自分がイメージした通りに体を動かせるかどうか】これが違いなのだと私は理解しています。

どんなことでもそうですが、イメージや目標といった描くものがなければ、自分がどこに辿り着くのか運まかせになってしまいます。

スポーツやトレーニングというのは、そういった点でも人間教育に優れているのでは。と勝手に思っております。