No.103 【HIIT vs SIT】持久的パフォーマンスに効果的なのは?

トレーニング

効率よく体力を向上させていくために、

「高強度トレーニング」に取り組むべし。

最近ではアスリートにとっての【常識】と成りつつあります。

高強度トレーニング(HIIT・SIT)についてのまとめ記事はコチラ↓
No.82 高強度トレーニング【HIIT・SIT】定義まとめ

今回の記事では、
持久的な「タイムトライアル」パフォーマンス向上効果を調査した研究論文を主に取り上げます。

HIITやSITといったトレーニング方法の理解や
メニュー作成の実践に役立てていただければ幸いです。

スポンサーリンク

論文紹介

題名:Effect of High-Intensity Interval Training Versus Sprint Interval Training on Time-Trial Performance: A Systematic Review and Meta-analysis.
著者:Rosenblat MAら
公開日:2020年2月7日
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32034701

論文結論:タイムトライアルのパフォーマンス向上には、SITよりもLong-HIITの効果が大きい可能性がある。

論文内容:HIITとSITのタイムトライアルに対するトレーニング効果を調査したメタ分析

・ある程度の運動習慣(週3時間)がある男女が参加していた。
・18〜45歳が参加していた。
・HIITおよびSITを比べた研究である。
・トレーニング内容を明記してある。
・2週間以上の研究である。
・タイムトライアルテストが設定されている。

上記の選択基準を満たした論文6件を調査。

論文結果:HIITとSITを比較すると効果の違いは認められなかった。

HIIT・SITを1セット中の運動時間で分析すると以下のように分けられた。

○Long-HIIT(4分以上)
○Medium-HIIT(2分〜4分未満)
○Short-HIIT(2分未満)
●SIT(30秒)

調査された論文中では、
いづれのHIITも「5セット以上」実施されていました。

タイムトライアルの内容

Long-HIITが実施されたトレーニングでは、
20kmもしくは40kmのサイクリングがタイムトライアルとして実行されていました。

40kmのサイクリングというと、
競技者ではない速い人で「60分」くらいでしょうか。

水泳トレーニングで考えると

1500mクロールというと、競技者の速い人で15分。
水泳運動習慣のある成人男性では20分くらいでしょうか。

60分の水泳運動というと5000m程度だとすると、
今回紹介している論文での「Long-HIIT」は水泳の距離では?

単純に変換はできませんが、
60分くらいの持久的な競技の場合

●400m×5本でサイクル6分
●週2回
●計3週以上

このような練習方法であると考えられます。

※60分間を泳ぐ競技というと
オープンウォータースイミング(OWS)5kmが一番近いかも知れません。

別の研究論文では、こんな結果も

(2週間で6回のトレーニング頻度)
SITは持久的パフォーマンスを向上させるのには不十分でした。

2020:Raphael Bertschingerら

私見まとめ

今記事の題名である
【HIIT vs SIT】持久的パフォーマンスに効果的なのはドッチ?

この答えとしては、
HIITである。特にLong-HIITと呼ばれるもの。

まあ、スポーツ現場の人間としては
実感値として当然の結果といったトコロでした。

しかし、こういった研究論文を読んで
「感覚値の裏付け」は必要であると考えています。

私が作成したトレーニングを
取り組まれる方々に対しての誠意として。

そして、自信を持ってトレーニングを作成するためにも必要な事前作業だと感じています。

こういった論文や研究結果だけが全てではありませんが、
知識の引き出しとして持っておく分には損しないでしょう。


前回書いた記事
No.102【ウイルス感染対策】手洗い・うがい・マスクは効果あるのか?

例えば、「マスクの効果や意味」について

SNSなどで、インフルエンサー的な誰かが
「マスクなんて意味ない」
って呟いているとします。

あなたは、マスクに関する知識がありません。
その呟きを、ただただ信じますか?

それとも、マスクの効果や意味について自分で調べたりしますか?

調べる場合は、
どのように調べていきます?Google検索?Yahoo知恵袋?

もし、あなたが良質な情報にたどり着きたい場合
【論文】を読む。ことがオススメです。

時間や余裕が無い人は、
論文や公的な機関が示している文章を
引用またはリンクしている「情報」を信頼することがオススメです。

手間はかかりますが、
あなたが興味のある分野については特に
「元となる情報」に触れるべきかと。

ましてや、誰かが言ってたテキトーな言葉を
あなたもテキトーに流布するのは危険です。
私も気をつけていきたい。

タイトルとURLをコピーしました