論文紹介

競技力向上

No.87 意識とイメージで運動パフォーマンスは上がるのか?

意識の持ち方・捉え方によって、運動パフォーマンスが変化することがあります。 例えば、立ち幅跳びジャンプをするとき ①自分の身体(関節)の動きを意識(内的意識)②跳ぶ目標物への意識(外的意識) この2パターンの意識で「実際...
トレーニング

No.86 【水泳】練習は「量」なのか?「質」なのか?

No.84の記事でも、量や強度に関するトピックを取り上げました。 私見としましては、「量」(ボリューム)をこなすコトは、技術向上や技術獲得を目指す際には必須であると考えています。 「質」(強度)を高めるために、「量」をこなす。...
競泳

No.84 【フランスの競泳選手】トレーニング強度分布

これから、多くのスポーツ選手が冬季の「量的な追い込み」時期を迎えるのではないでしょうか。競泳競技では、年末年始といえば「泳ぎこみ!」というチームがほとんどかと思われます。 ガンガン泳いで、量的な追い込みを実施しているのは日本だけなの...
スポンサーリンク
トレーニング

No.82 高強度トレーニング【HIIT・SIT】まとめ

HIIT(High Intensity Interval Training)高強度インターバルトレーニングという言葉があります。 HIITは、低強度の運動に比べて「時間効率」が良く、様々なパフォーマンスを向上させることが可能だと言わ...
2019.11.30
トレーニング

No.81 【懸垂とラットプルダウン】まとめ

「懸垂」と「ラットプルダウン」という似たような運動があります。 今記事では、それらの「違い」についての比較や各利点を明らかにしてみたいと思います。 結論 懸垂もラットプルダウンも「広背筋」を鍛えるトレーニング種目として優...
2019.11.16
スポーツケア

No.79 ストレッチの効果まとめ【ダイナミック?スタティック?】

今回の記事は、「ストレッチ」について。最近、静的ストレッチは悪者扱いされているように思います。代わりに、動的ストレッチが良いとされています。 スタティック(静的)とダイナミック(動的)。現在のストレッチ論争について現在(2019年1...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました