トレーニング

トレーニング

No.70 アクティブリカバリー(クールダウン)はトレーニング効果を高める。

No.41記事で「クールダウンを実施しても回復しない!むしろデメリットもある。」という内容をご紹介しました。 今回の記事では、No.41記事内でほんの少しだけ触れた「アクティブリカバリーの利点」を紹介したいと思います。 結論 ...
トレーニング

No.67 水泳パフォーマンスへのPAP効果

post-activation potentiation(PAP:活性化後強化)と水泳パフォーマンスに関する論文を読んでみました。 PAPを狙った運動というのは、簡単に説明すると「レース前に、短い時間でチカラ発揮を実施することを指し...
スポーツ障害項目

No.64 筋力トレーニングで向上させた筋力は、怪我・故障を防ぎます。

競技の練習以外に、筋力トレーニングに取り組んでいる人も多くいるかと思います。筋力トレーニングに時間を割く目的は、たくさんありますが今回は、【ケガを予防する】という根拠となる内容の論文をご紹介します。 まとめ 筋力トレーニング(...
スポンサーリンク
スポーツケア

No.63 【オーバートレーニング症候群】の原因はオーバートレーニングでは無い。

オーバートレーニング症候群という言葉をご存知ですか?スポーツ現場にいると、たびたび耳にするワードです。 過度な練習やトレーニングが引き金となり、長期的にパフォーマンスが低下したり心理的症状が見られたりすることが特徴だとされています。...
2020.02.13
トレーニング

No.61 HMBサプリメントの効果を調査

HMBというサプリメントをご存知でしょうか?HMB(β-ヒドロキシβ-メチルブチレート)は、必須アミノ酸である【ロイシン】の代謝中間物質であります。体内では、ロイシンから約10%のHMBが変換されるようです。(※ロイシン10gからHMB1...
トレーニング

No.60 精神的な疲労が運動パフォーマンスを低下させる。

No.59の記事に引き続き、精神的な疲労が、運動のパフォーマンスに悪影響があったとされる研究をご紹介します。 論文紹介 題名:精神的な疲労は、若い水泳選手のパフォーマンスを低下させます。 Mental Fatigue I...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました