競泳

競泳

No.89 【水泳】トレーニング強度の分布バランス

No.88の記事では、競泳選手の「高強度(HIIT)」トレーニングに関する研究論文を複数ご紹介しました。 高強度インターバルトレーニングは、初級者〜中級者層では、パフォーマンスに良好な効果が見られました。ですが、競泳選手のエリート層...
競泳

No.88 【水泳】HIIT(高強度トレーニング)のパフォーマンスへの貢献

HIIT(High Intensity Interval Training)高強度インターバルトレーニング当ブログでも頻出ワードです…。 HIITの効果やパフォーマンスへの影響を研究した論文の多くは「陸上」での運動が実施されています...
トレーニング

No.86 【水泳】練習は「量」なのか?「質」なのか?

No.84の記事でも、量や強度に関するトピックを取り上げました。 私見としましては、「量」(ボリューム)をこなすコトは、技術向上や技術獲得を目指す際には必須であると考えています。 「質」(強度)を高めるために、「量」をこなす。...
スポンサーリンク
競泳

No.84 【フランスの競泳選手】トレーニング強度分布

これから、多くのスポーツ選手が冬季の「量的な追い込み」時期を迎えるのではないでしょうか。競泳競技では、年末年始といえば「泳ぎこみ!」というチームがほとんどかと思われます。 ガンガン泳いで、量的な追い込みを実施しているのは日本だけなの...
スポーツケア

No.42 【水泳選手】レース後のクールダウンスイムに効果はあるのか?

前回に引き続き、クールダウンに関する記事です。 最初にまとめます! ①アクティブクールダウンは、回復には効果なし。(疲労は取り除けない)②アクティブクールダウンは、トレーニング効果の増強には効果あり。(LT値を向上させる)③ア...
競技力向上

No.29 【水泳】キックによる推進力はどうやって生み出す?

今日は「インプットの日」と決めて、ひたすら文字を見つめる1日となりました。近いところばかり注視しているので時間がたつにつれ、遠くの物が見えづらくなりました。視力の低下を実感…。これから目の筋肉もストレッチしてあげたいと思います。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました