スポーツ障害項目

No.140 肩関節の位置感覚を向上させるトレーニングとは?

前回の記事では、水泳選手のスイム練習後は「肩関節の位置覚にエラー(誤差)が生じる傾向にある」という内容の記事を更新しました。 No.139 水泳選手の「スイム練習」が肩関節へ及ぼす悪影響 今記事では、 肩関節の位置覚を調...
スポーツ障害項目

No.139 水泳選手の「スイム練習」が肩関節へ及ぼす悪影響

水泳選手の多くが「肩の痛み」を経験していたり、現在進行系で悩まされている人もいるかと思います。 肩の痛みを抱える選手では、肩峰下インピンジメントや筋腱の損傷や運動学的な機能不全などが見られる傾向にあります。(No.77 水泳肩【スイ...
トレーニング

No.138 ジャンプ力を高める準備運動(PAP)【スクワットvsデッドリフト】

前回の記事で、ジャンプ力を高めるには「浅い(クォーター)スクワットよりも深い(パラレル)スクワットのほうが効果的であった」という内容を紹介しました。 No.137 ジャンプ力を高める準備運動(PAP)【スクワットの深さ】 今回...
スポンサーリンク
トレーニング

No.137 ジャンプ力を高める準備運動(PAP)【スクワットの深さ】

さまざまな競技で「ジャンプ」パフォーマンスを求められる場面があるでしょう。 水泳競技でも、ジャンプと競技パフォーマンスとの関連性はいくつか指摘されていたりします。 No.129 飛び込みスタートとスクワットジャンプの関係 ...
競泳

No.136 全力クロール泳(100m)パドル有り無しで何が変化するのか?

「パドルを使った練習について」たま〜に話に出てくるテーマです。 レースでは素手で泳ぐのだから、必要ない!水泳技術に悪影響を与えるのではないか?という視点からの疑問を持つ人もいらっしゃるようです。 道具やツール自体に良し悪しは無...
エッセイ

No.135 ウエイトトレーニングを実施する意味について説明する際に用いる例え話【スポーツ選手と競技コーチへ】

スポーツ選手が、より良い結果・競技力の向上を目指して「ウエイトトレーニング」や「筋力トレーニング」を導入することがあります。 トレーニング指導者として、選手や競技コーチやスタッフと関わる場合、【共通認識】を持っておきたいと思っていま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました