心理学

No.158 練習は1人で?みんなで?競技練習の現場を考える【社会的促進と社会的抑制】

同じ練習でも、1人で取り組むよりも、複数の仲間と取り組んだ方が『はかどる』ことを経験したことがある選手も多いと思います。 逆に、大勢の人達と同じ練習に取り組むよりも、1人で取り組んだ方が『はかどる』ことも経験したことがあるのではない...
トレーニング

No.157 【競泳練習メニュー】トレーニング強度の割合についてまとめ

競泳競技のコーチとして、競技力向上を目指したトレーニングメニューを作成していると頭を悩ませることも多くあります。 その中の一つである「トレーニング強度の割合について」の考え方の基となるような記事にしておきたいと思います。 トレ...
競泳

No.156 アクティブレストvsパッシブレスト【アクティブレストの泳速度60%vs50%】

前回の記事では、25m×8回のスプリントインターバルトレーニングについてのパフォーマンスに対して「インターバル中(レスト)の取り組み方」を比較した研究論文をご紹介しました。 インターバル時間の差(45秒vs120秒)、アクティブレス...
スポンサーリンク
トレーニング

No.155 アクティブレストvsパッシブレスト【インターバル45秒vs120秒】

水泳の練習内容に関する研究をご紹介します。 SIT(スプリントインターバルトレーニング)で、インターバル中のリカバリー効果を比較調査した研究論文となります。 比較された内容は以下の2点です。 ■アクティブ(active)...
トレーニング

No.154 大腿四頭筋(もも前)とハムストリングス(もも裏)の筋力バランス(H:Q)について

トレーニング指導の現場にいるとよく聞く言葉の一つに 「もも前ばっかり使うな!もも裏で動け!」 というフレーズがあります。おもにコーチや指導者が、選手へ向けて発する言葉です。 もも裏(ハムストリングス:Hamstrings...
トレーニング

No.153 【スクワット】バーベル位置の比較研究について

多くのアスリートが、筋力トレーニングを実施していると思います。その中でも「スクワット」に取り組んでいる人が多いのではないでしょうか。 ハイバー(High bar)スクワットか?ローバー(Low bar)スクワットか? 今記事で...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました