競泳

No.89 【水泳】トレーニング強度の分布バランス

No.88の記事では、競泳選手の「高強度(HIIT)」トレーニングに関する研究論文を複数ご紹介しました。 高強度インターバルトレーニングは、初級者〜中級者層では、パフォーマンスに良好な効果が見られました。ですが、競泳選手のエリート層...
競泳

No.88 【水泳】HIIT(高強度トレーニング)のパフォーマンスへの貢献

HIIT(High Intensity Interval Training)高強度インターバルトレーニング当ブログでも頻出ワードです…。 HIITの効果やパフォーマンスへの影響を研究した論文の多くは「陸上」での運動が実施されています...
競技力向上

No.87 意識とイメージで運動パフォーマンスは上がるのか?

意識の持ち方・捉え方によって、運動パフォーマンスが変化することがあります。 例えば、立ち幅跳びジャンプをするとき ①自分の身体(関節)の動きを意識(内的意識)②跳ぶ目標物への意識(外的意識) この2パターンの意識で「実際...
スポンサーリンク
トレーニング

No.86 【水泳】練習は「量」なのか?「質」なのか?

No.84の記事でも、量や強度に関するトピックを取り上げました。 私見としましては、「量」(ボリューム)をこなすコトは、技術向上や技術獲得を目指す際には必須であると考えています。 「質」(強度)を高めるために、「量」をこなす。...
トレーニング

No.85 【グッドモーニング】エクササイズ解説

GoodMorning:グッドモーニングというエクササイズがあります。皆さんご存知でしょうか? まず、このエクササイズはスクワットやデッドリフトなどのエクササイズが出来ている上での【補助的な種目】である。ということを強調しておかなく...
競泳

No.84 【フランスの競泳選手】トレーニング強度分布

これから、多くのスポーツ選手が冬季の「量的な追い込み」時期を迎えるのではないでしょうか。競泳競技では、年末年始といえば「泳ぎこみ!」というチームがほとんどかと思われます。 ガンガン泳いで、量的な追い込みを実施しているのは日本だけなの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました