トレーニング

No.130 ジュニアスイマーに陸上トレーニングは必要か?

ジュニア水泳選手の陸上トレーニングについて。競技練習だけを行うよりも、競技練習にプラスしてプライオメトリックトレーニングを実施したほうが競技パフォーマンスの向上効果が期待できます。10歳前後の競技者を対象とした研究論文を引用しています。
トレーニング

No.129 飛び込みスタートとスクワットジャンプの関係【論文紹介】

水泳競技の「背泳ぎ」種目以外は、スタート台を使用した陸上からの飛び込み動作となります。 50m自由形の場合、飛び込みから15mまでを「スタート区間」として考えます。 この区間は、50mレース全体の30%を占めます。 スタ...
2020.09.03
競泳

No.128 【平泳ぎ】世界大会トップレベルと国内大会トップレベルの違い

No.127記事では、平泳ぎの「初心者」と「上級者」との泳ぎの違いについて書きました。 平泳ぎのバイオメカニクスについて記事を書きました。初心者と上級者では、キック中の筋活動タイミングに差が見られます。 山﨑裕太(Yamazaki ...
スポンサーリンク
競泳

No.127 【平泳ぎ】初心者と上級者の違い(論文紹介)

今回ご紹介する論文は、平泳ぎのバイオメカニクスについてです。 表面筋電図(EMG)を用いた比較実験となります。 初心者スイマーと上級者スイマーとの運動学的な違いについて考えてみましょう。 論文紹介 題名:Muscl...
2020.08.04
競泳

No.126 ウォームアップにレースペースは必要なのか?【論文紹介】

レース本番前の「ウォームアップ」については頭を悩ませる課題です。 選手やチームによって、様々なウォームアップが実施されていると思います。 今記事では、100mクロールのタイム計測をする前に、2つのウォームアップを比較実験した論...
競泳

No.125 泳ぐときの「指の間隔」閉じたほうが良い?

泳いでいると、一度くらいは考えたことのあるテーマだと思います。 手の指と指の間は広げたほうが良いのか?閉じたほうが良いのか? 水泳コーチの方々の間では、当たり前の常識かもしれませんが、 今記事では、論文を引用しながら「指...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました