トレーニング

No.23 トレーニングのカテゴリを分ける理由

私がアスリートの皆さんに提供しているトレーニングメニューには、必ず目的とする「刺激」を設定しています。 例えば、Aerobicのトレーニング、筋肥大のトレーニング、最大筋出力のトレーニングなどというようにしています。 人体のシ...
2019.06.16
競泳

No.22 【競泳】速くなるには、テンポか?フォームか?

このところ、競泳の競技練習に対する議論を見聞きして、私の中で話題なのでたまには深く関わっている競泳について記事も書いてみようと思います。特に科学的な知見などの用意はありません。読み手が競技者でなくとも考える材料として、気軽に読んでほしいと...
2019.06.16
競技力向上

No.21 動作指導時の【声かけ】を考える

仕事として、指導者という立場でクライアントと接する時、スポーツ競技練習中でも・フィジカルトレーニング中でも・何気ない日常動作でも、動きの指導をする際の「声かけ」を気にするようにしています。 例えば、スクワットの動作を指導する際①擬音...
2019.06.16
スポンサーリンク
エッセイ

No.20 現象だけを追っていては、動作における連動性は向上しない。

「胸椎を伸展させるのが大事」 とある水泳指導者から上記のようなことを言われました。 最近、この言葉がネット(Twitter?)で流行っているようです。 この表現を深く掘り下げて考えてみます。 まず、「胸椎を伸展」させる。これは解剖学的な...
2019.06.16
栄養学

No.19 トレーニングをお休みしなければならない時の栄養対策

トレーニング習慣のある人が、カゼやインフルエンザなどの体調不良・怪我などでの離脱状態になるケースはあると思います。 そのような状態となってしまって、やきもきしている選手のために少しでもパフォーマンス低下を防ぐ対策として紹介をしたい項...
2019.06.16
競技力向上

No.18 強化合宿だからこそ。

2018年末の6日間を秋田県で過ごしておりました。 東北3県による強化合宿の招聘コーチとしてお声をかけていただき、今回の合宿が実現。合宿の様子は以下のブログへ↓ 盛岡南高校の及川先生によるブログこちらをご覧いただければと思いま...
2019.06.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました