生理学

トレーニング

No.114 筋トレの【セット休憩時間】は短いほうが良い?

前回の記事では、筋トレの頻度(週に何回やるのか問題)について取り上げました。 筋トレの頻度について書きました。ある程度の動作が身につくまでは、頻度や反復がとても有効ですが、競技歴も長くなってくると「低強度の量的トレーニング」だけでは...
生理学

No.112 PAP・PAPE【筋肉をアクティベーション】させよう

過去に「PAP効果」をテーマに記事を書いております。 この記事タイトルは、過去の私へ向けたモノとなっております。 概要はコチラをご覧ください。(No.67 水泳パフォーマンスへのPAP効果)(No.92 ジャンプでバタ足(フラ...
2020.06.01
トレーニング

No.86 【水泳】練習は「量」なのか?「質」なのか?

No.84の記事でも、量や強度に関するトピックを取り上げました。 私見としましては、「量」(ボリューム)をこなすコトは、技術向上や技術獲得を目指す際には必須であると考えています。 「質」(強度)を高めるために、「量」をこなす。...
スポンサーリンク
トレーニング

No.83 【低酸素トレーニング】の効果(論文紹介)

先日、担当アスリートの「パーソナルトレーニング」で豊洲へ行ってきました。アシックスの低酸素トレーニングジム広いし開放感あるし、控えめに言って最高な施設でした。 アシックス施設の売りは【低酸素】です。東京の豊洲にいながら【高地トレーニ...
2020.04.17
トレーニング

No.80 【トレーニング内容】大人と子どもの違い

年齢的に成熟してきたアスリートたちの多くは、「学生の頃みたいに、ボリュームの多い持久的なトレーニングが苦手になってきた」と言います。 様々なスポーツで、大人の選手が「低い強度で長時間」トレーニングしている様子を見聞きします。 ...
トレーニング

No.74 血中乳酸濃度と心拍数の関係

心拍数というのは皆さんにとって聞いたことのあるワードかと思います。一般的には、1分間の脈拍数を数値化したものです。ですが、血中乳酸濃度というワードは馴染みが無いかもしれません。 今回の記事では、アスリートや指導者向けにこれら2つの関...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました