生理学

トレーニング

No.161 インターバル中は、アクティブレストか?パッシブレストか?【まとめ】

高強度のインターバルトレーニングを取り入れているアスリートの方々も多くいらっしゃると思います。 インターバル中は、どのように過ごしていますでしょうか? インターバル中の取り組みは、大きく分けて「アクティブレスト」と「パッシブレ...
トレーニング

No.157 【競泳練習メニュー】トレーニング強度の割合についてまとめ

競泳競技のコーチとして、競技力向上を目指したトレーニングメニューを作成していると頭を悩ませることも多くあります。 その中の一つである「トレーニング強度の割合について」の考え方の基となるような記事にしておきたいと思います。 トレ...
生理学

No.152 目的に対して根拠のある練習メニューを提供したい。

水泳や陸上競技の練習メニューを作成するうえで、運動エネルギー回路の基礎知識を持っておくことがきっと大切。 選手はメニューに対して、 「なぜ休憩時間(レスト)は4分なの?」 「なんでハードは30秒やるの?」 「なんで...
スポンサーリンク
トレーニング

No.120 スプリントトレーニング【エネルギー回路】の回復

スプリントトレーニングを実施するときに、「レスト(休憩時間)」をどのように設定したらよいか?迷います。 スプリントの運動時間にもよるのではないかと考えていますが、何か指標となる研究はないかと調べたものを記事にしてみました。 今...
トレーニング

No.114 筋トレの【セット休憩時間】は短いほうが良い?

前回の記事では、筋トレの頻度(週に何回やるのか問題)について取り上げました。 筋トレの頻度について書きました。ある程度の動作が身につくまでは、頻度や反復がとても有効ですが、競技歴も長くなってくると「低強度の量的トレーニング」だけでは...
生理学

No.112 PAP・PAPE【筋肉をアクティベーション】させよう

過去に「PAP効果」をテーマに記事を書いております。 この記事タイトルは、過去の私へ向けたモノとなっております。 概要はコチラをご覧ください。(No.67 水泳パフォーマンスへのPAP効果)(No.92 ジャンプでバタ足(フラ...
2020.06.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました