論文紹介

トレーニング

No.190 筋力を高めたいなら「高負荷」トレーニングを。泳速度を高めたいなら「高強度」トレーニングを。

アスリートが筋トレに取り組む上で、負荷や反復回数の設定に頭を悩ませることは多いかと思います。 競技の練習をキチンと優先した上で、筋トレの効果を可能な限り最大化させたい。 今記事では、そのようなヒントとなる考え方の部分について載...
トレーニング

No.189 「筋トレ」と「スイム練習」を同時に鍛え上げていくことについて

筋力向上を目指す「ストレングストレーニング」と、持久力向上を目指す「スイム練習」の2つを同時に取り組んでいくことについてを考察してみます。コンカレントトレーニング。
競技力向上

No.187 練習は強いのに、本番は弱い。どうして?

「練習は強いのに、本番レースではタイムが出ないんだよね~」 こんな内容の相談質問をもらうことがあります。 競技パフォーマンスには、様々な要因が関わっています。 大きく分けたら【心技体】のような、メンタリティ・競技技術・筋...
スポンサーリンク
生理学

No.186 【水泳】レース後の血中乳酸濃度について【種目-距離別】

前回、「乳酸」について記事を書きました。 No.185 運動で発生する「乳酸」の歴史(いつから悪者扱いされてきたのか?) — YY (@hari_sports_YY) December 18, 2021 ■水泳のレース後は、...
生理学

No.185 運動で発生する「乳酸」の歴史(いつから悪者扱いされてきたのか?)

アスリートのトレーニング現場では、「乳酸」というワードが頻繁に出てきます。 少し前までは、「乳酸=疲労物質」という考えが一般的でした。しかし、21世紀に入ってから乳酸は疲労物質ではなく運動に良い影響を与えるものという証拠が広く知れ渡...
トレーニング

No.184 なぜ低強度トレをたくさんやらなきゃいけないの?と聞かれたら何と答えるか。

競技者の肉体を生理学的に鍛え上げるためには、「高強度」トレーニングが基本であると考えています。 しかし、実際には「低強度」トレーニングもたくさん実施しています。 量より質!なのに、量もやるのはなぜか? そんな質問にも、キ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました