競泳

スポーツ障害項目

No.139 水泳選手の「スイム練習」が肩関節へ及ぼす悪影響

水泳選手の多くが「肩の痛み」を経験していたり、現在進行系で悩まされている人もいるかと思います。 肩の痛みを抱える選手では、肩峰下インピンジメントや筋腱の損傷や運動学的な機能不全などが見られる傾向にあります。(No.77 水泳肩【スイ...
競泳

No.136 全力クロール泳(100m)パドル有り無しで何が変化するのか?

「パドルを使った練習について」たま〜に話に出てくるテーマです。 レースでは素手で泳ぐのだから、必要ない!水泳技術に悪影響を与えるのではないか?という視点からの疑問を持つ人もいらっしゃるようです。 道具やツール自体に良し悪しは無...
競泳

No.133 【クロールの泳速度による違い】肩と腰のローリング

クロールの泳速度による「胴体のねじれ」について、論文を引用させていただきながら私見を解説しています。 クロールの速度を向上させるためのヒントにしていただけたら幸いです。
スポンサーリンク
競泳

No.132 クロールのスプリント泳では呼吸動作が無いほうが良いのか?

クロールを25m全力で泳いだ場合、呼吸動作「あり」と「なし」でタイムは変わるのか?またどのような違いがあるのか?について解説しています。
トレーニング

No.130 ジュニアスイマーに陸上トレーニングは必要か?

ジュニア水泳選手の陸上トレーニングについて。競技練習だけを行うよりも、競技練習にプラスしてプライオメトリックトレーニングを実施したほうが競技パフォーマンスの向上効果が期待できます。10歳前後の競技者を対象とした研究論文を引用しています。
トレーニング

No.129 飛び込みスタートとスクワットジャンプの関係【論文紹介】

水泳競技の「背泳ぎ」種目以外は、スタート台を使用した陸上からの飛び込み動作となります。 50m自由形の場合、飛び込みから15mまでを「スタート区間」として考えます。 この区間は、50mレース全体の30%を占めます。 スタ...
2020.09.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました