論文紹介

トレーニング

No.54 パフォーマンスを最大化するための手段は?

アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するにはどういったトレーニングに取り組めば良いのか。どうやって追い込めばよいのか。 多くの指導者およびアスリートは、【鍛える】という部分に目を向けすぎているようにも感じることがあります。それが結...
トレーニング

No.53 【力ベクトル理論?】ヒップスラストとスクワットで比較検証

force vector theory(チカラ ベクトル 理論)という言葉を最近知りました。 「力発揮」の「方向」を考慮しよう。というような理論のようです。ヒップスラストで得られた筋力ならば、スプリント走や幅跳びのような「水平方向」...
トレーニング

No.52 ヒップスラストの最大挙上重量(1RM)が向上しても、短距離走は速くならない?

今回の記事では、ヒップスラストの最大筋力(1RM)が向上しても、スプリント走のタイム短縮には影響しなかった。という内容の論文を紹介します。 No.46では、ヒップスラスト実施した後にスプリント走のタイム短縮が見られた。という論文を紹...
スポンサーリンク
スポーツケア

No.51 トレーニング後の「アイシング」でミトコンドリアが増える?

以前の記事(No.43)で、筋トレ後のアイシングについて取り上げました。 トレーニング後の「アイシング(冷水浴)」は、筋肉合成(筋肥大)シグナルを減少させる。という内容の論文でした。 今回の記事では、トレーニング後の「アイシン...
スポーツケア

No.50 パフォーマンスを低下させることなく関節可動域を向上させるアイテムは「マッサージローラー」もあります。

持続的に伸ばし続ける「ストレッチ」は、筋力を低下させることが分かってきています。つまり、運動前にスタティック・ストレッチはNG. 筋肉のパフォーマンスを減少させることなく、柔軟性(関節可動域)を獲得する方法は無いのか?という問題に、...
スポーツケア

No.49 フォームローラー、買うなら振動機能付き!

昨日はフォームローラーに関する記事を更新しました。本日は、振動機能付きのフォームローラーの方が効果あるかもよ。という内容の記事です。 論文紹介 題名:運動後のフォームローラー、振動タイプ・非振動タイプが与える効果 Eff...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました