競技力向上

トレーニング

No.130 ジュニアスイマーに陸上トレーニングは必要か?

ジュニア水泳選手の陸上トレーニングについて。競技練習だけを行うよりも、競技練習にプラスしてプライオメトリックトレーニングを実施したほうが競技パフォーマンスの向上効果が期待できます。10歳前後の競技者を対象とした研究論文を引用しています。
トレーニング

No.129 飛び込みスタートとスクワットジャンプの関係【論文紹介】

水泳競技の「背泳ぎ」種目以外は、スタート台を使用した陸上からの飛び込み動作となります。 50m自由形の場合、飛び込みから15mまでを「スタート区間」として考えます。 この区間は、50mレース全体の30%を占めます。 スタ...
2020.09.03
トレーニング

No.123 持久系アスリートのトレーニング頻度について

今記事では、「持久系アスリート」を対象とした「インターバルトレーニング」の頻度について取り上げます。 過去記事↓では、「筋トレ初心者」を対象とした研究論文のご紹介をしています。 合わせて読んでいただくと理解も深まるかなと思いま...
スポンサーリンク
競技力向上

No.122 メンタルトレーニングの効果【サイキングアップ】論文紹介

サイキングアップ(Psyching-up)という言葉があります。 「psych」という単語は、興奮させる。名詞としては心理。というような意味があるようです。 サイキングアップを日本語訳すると、「気分を高める」というような意味に...
トレーニング

No.120 スプリントトレーニング【エネルギー回路】の回復

スプリントトレーニングを実施するときに、「レスト(休憩時間)」をどのように設定したらよいか?迷います。 スプリントの運動時間にもよるのではないかと考えていますが、何か指標となる研究はないかと調べたものを記事にしてみました。 今...
競技力向上

No.117 起床後の運動パフォーマンスについて

先日、社会人アスリートの方からこのような質問を受けました↓ 「レース当日はレースの5時間前に起きると良いと聞いたことがありますが、何か根拠のある話なのでしょうか?調べてもなかなか見つからなくて、かなり気になっていました!」 睡...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました