競技力向上

トレーニング

No.196 【ブロックピリオダイゼーション】持久系アスリートのトレーニング計画に有効なのか?

競技者のトレーニングプログラムを作成している現場の指導者として、効率よくパフォーマンスを向上させられるようなものを提供していきたい。 そのために考案されてきたトレーニング計画の手法として【ピリオダイゼーション】というものがあります。...
トレーニング

No.195 【ピリオダイゼーション】トレーニング計画を立てる手法について

競技パフォーマンス向上のために、トレーニングプログラムを「期分け」して組む手法を『ピリオダイゼーション』と呼びます。 今記事では特に、筋力向上や筋肥大を目指した【レジスタンストレーニング】に関するピリオダイゼーションについて考えを巡...
2022.03.10
心理学

No.193 『感謝の気持ち』がアスリートに与える影響について

アスリートの「燃え尽き症候群(バーンアウト)」は、感謝の気持ちレベルによって変化するんじゃないか?または少なからず影響を与えている要因なのではないか。という内容の記事です。 『感謝の気持ち』を持つべき対象は、すでに目の前にある。とい...
スポンサーリンク
競技力向上

No.192 とりあえずストレッチ。という習慣を見直してみよう

競技の「動き」をどのように評価するか?というテーマで資料スライドを作っています。 可動域・柔軟性が不足しているために「やりたい動きが出来ない」というケースもあると思います。 そんな時は、いわゆるストレッチが最善なのか? ...
トレーニング

No.190 筋力を高めたいなら「高重量×低回数」トレーニングを。泳速度を高めたいなら「高強度」練習を。

アスリートが筋トレに取り組む上で、負荷や反復回数の設定に頭を悩ませることは多いかと思います。 競技の練習をキチンと優先した上で、筋トレの効果を可能な限り最大化させたい。 今記事では、そのようなヒントとなる考え方の部分について載...
トレーニング

No.189 「筋トレ」と「スイム練習」を同時に鍛え上げていくことについて

筋力向上を目指す「ストレングストレーニング」と、持久力向上を目指す「スイム練習」の2つを同時に取り組んでいくことについてを考察してみます。コンカレントトレーニング。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました