競技力向上

トレーニング

No.138 ジャンプ力を高める準備運動(PAP)【スクワットvsデッドリフト】

前回の記事で、ジャンプ力を高めるには「浅い(クォーター)スクワットよりも深い(パラレル)スクワットのほうが効果的であった」という内容を紹介しました。 No.137 ジャンプ力を高める準備運動(PAP)【スクワットの深さ】 今回...
トレーニング

No.137 ジャンプ力を高める準備運動(PAP)【スクワットの深さ】

さまざまな競技で「ジャンプ」パフォーマンスを求められる場面があるでしょう。 水泳競技でも、ジャンプと競技パフォーマンスとの関連性はいくつか指摘されていたりします。 No.129 飛び込みスタートとスクワットジャンプの関係 ...
エッセイ

No.135 ウエイトトレーニングを実施する意味について説明する際に用いる例え話【スポーツ選手と競技コーチへ】

スポーツ選手が、より良い結果・競技力の向上を目指して「ウエイトトレーニング」や「筋力トレーニング」を導入することがあります。 トレーニング指導者として、選手や競技コーチやスタッフと関わる場合、【共通認識】を持っておきたいと思っていま...
スポンサーリンク
エッセイ

No.134 「休んだから速くなった?」「勝てば正解?」原因と結果の関係について考えてみよう

結果が出たとき、「あぁ〜、アレが良かったな〜」と考えることありますよね。 スポーツの結果に対する原因って、分かるようで何か一つに特定することは殆どの場合、不可能に近いものだと思います。 「結果として速ければOK!! 勝てば正解...
トレーニング

No.130 ジュニアスイマーに陸上トレーニングは必要か?

ジュニア水泳選手の陸上トレーニングについて。競技練習だけを行うよりも、競技練習にプラスしてプライオメトリックトレーニングを実施したほうが競技パフォーマンスの向上効果が期待できます。10歳前後の競技者を対象とした研究論文を引用しています。
トレーニング

No.129 飛び込みスタートとスクワットジャンプの関係【論文紹介】

水泳競技の「背泳ぎ」種目以外は、スタート台を使用した陸上からの飛び込み動作となります。 50m自由形の場合、飛び込みから15mまでを「スタート区間」として考えます。 この区間は、50mレース全体の30%を占めます。 スタ...
2020.09.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました