競泳

競泳

No.163 どんな骨格であろうとも好きなら全力でやったら良し

水泳選手は「逆三角形だ!」「両腕を伸ばした長さが身長よりも長いほうが良い!」などなど。 水泳という競技が向いている骨格や体格というのはあるのでしょうか? 今記事では、水泳選手の体格について調査された研究をご紹介したいと思います...
競泳

No.162 【競泳】高強度レースペーストレーニングの比較(50m×20本 vs 100m×10本)

競技歴を重ねてきた選手の方々にとって、技術練習とともに生理学的に肉体を鍛えることの重要性も高まると思います。 大量のトレーニング(低~中強度)によって肉体を鍛えることも大切ですが、 少量で時間効率の良いトレーニング(高強度)を...
競泳

No.160 アクティブレストvsパッシブレスト【インターバル2分vs4分】

高強度インターバルトレーニングを実施するときに、頭を悩ませられる問題がいくつかありますが その中の一つである「インターバルの時間」について取り上げてみます。 以前の記事で、インターバル時間「45秒」と「120秒」での比較実験を...
スポンサーリンク
競泳

No.159 アクティブレストvsパッシブレスト【アクティブレストの泳速度60%vs40%】

インターバルトレーニング中の「レスト」に関する取り組みを複数回に渡って記事にしています。 No.155 アクティブレストvsパッシブレスト【インターバル45秒vs120秒】 No.156 アクティブレストvsパッシブレスト【ア...
競泳

No.156 アクティブレストvsパッシブレスト【アクティブレストの泳速度60%vs50%】

前回の記事では、25m×8回のスプリントインターバルトレーニングについてのパフォーマンスに対して「インターバル中(レスト)の取り組み方」を比較した研究論文をご紹介しました。 インターバル時間の差(45秒vs120秒)、アクティブレス...
トレーニング

No.155 アクティブレストvsパッシブレスト【インターバル45秒vs120秒】

水泳の練習内容に関する研究をご紹介します。 SIT(スプリントインターバルトレーニング)で、インターバル中のリカバリー効果を比較調査した研究論文となります。 比較された内容は以下の2点です。 ■アクティブ(active)...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました