音楽を聞くことで運動パフォーマンスがアップします。

アスリートが、ヘッドホンを着用して競技会に入場したりするシーンを見たことがある人も多いかと思います。

そういう選手を見ると
「なんだアイツ。カッコつけやがって」などと罵る指導者が未だにいるかもしれませんが…。

運動前に【音楽を聞く】ことによって、運動能力が高まる可能性があります。
今記事では、音楽による運動パフォーマンスへ与える影響についてをご紹介します。

目次

結論

ウォーミングアップ中に
好きな音楽を聞くことで
筋出力(パワー発揮)パフォーマンスが向上する可能性がある。

どんな音楽が良いのか?

多くの研究では、「アップテンポ」な音楽が良いとされています。

好みの音楽ではない曲(アップテンポ)を聞いた後でも、パフォーマンス向上に差は無かったという研究もありました。

120bpm以上のテンポが良いのではないかと思います。

どのタイミングで聞くのが良いのか?

音楽を聞く「タイミング」について述べられている研究は見つけられませんでした。
しかし、多くの研究では
【ウォーミングアップ中】【運動テスト直前】のタイミングで音楽を聞いています。

【ウエイトトレーニング中】では、好みの音楽を聞くことによって、
反復回数・平均パワー・ピークパワー・平均速度のパフォーマンス向上が見られた研究もありました。

長距離運動には効果が無いのか?

Anaerobic(嫌気性)運動と筋出力(パワー発揮)運動が強化される。という研究は数多くありましたが、

Aerobic(好気性)運動が強化される。といった研究は見つけられませんでした。
しかし、好みの音楽を聞くことによって
「自覚的運動強度(RPE)が減少された」という研究は複数ありました。

つまり、長距離運動においても「好みの音楽を聞く」ことによるメリットはある。ということになります。

好気性運動のパフォーマンスについては、今後の研究を待ちたいと思います。

参考論文

Effects of Listening to Preferred versus Non-Preferred Music on Repeated Wingate Anaerobic Test Performance
著者:Christopher G. Ballmannら
公開日:2019年7月29日
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6723041/

Effects of Preferred vs. Nonpreferred Music on Resistance Exercise Performance.
著者:Ballmann CGら
公開日:2018年12月7日
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30531416/

Effect of music on short-term maximal performance: sprinters vs. long distance runners
著者:Hamdi Chtourouら
公開日:2017年3月6日
https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11332-017-0357-6

The Effects of Music on High-intensity Short-term Exercise in Well Trained Athletes
著者:Mohamed Jarrayaら
公開日:2012年12月
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3525819/

Listening to music affects diurnal variation in muscle power output.
著者:Chtourou Hら
公開日:2012年1月
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22134883?dopt=Abstract

Influence of music on ratings of perceived exertion during 20 minutes of moderate intensity exercise.
著者:Potteiger JAら
公開日:2000年12月
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11153860/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次