【懸垂とラットプルダウン】まとめ

トレーニング

「懸垂」と「ラットプルダウン」という似たような運動があります。

今記事では、
それらの「違い」についての比較や各利点を明らかにしてみたいと思います。

スポンサーリンク

結論

懸垂もラットプルダウンも
「広背筋」を鍛えるトレーニング種目として優れています。

そして、広背筋を鍛えるという目的に対しての「差」は明らかに有意なほど大きくないと言われています。

※どちらでも同じ効果とは言っていない。

比較まとめ

懸垂とラットプルダウンの比較

「広背筋」の筋肉活動に大きな差は無い。
というのが現在言われていることになります。

脊柱起立筋・上腕二頭筋

こちらの2つの筋肉活動においては、
【懸垂】のほうが大きく活動することが分かっています。


懸垂(握り方の違い)比較

①順手(Pull Up:オーバーグリップ)

逆手と比べて、

広背筋・脊柱起立筋

の筋肉活動が大きい傾向にあります。

②逆手(Chin Up:アンダーグリップ)

順手と比べて、

大胸筋・棘下筋・外腹斜筋

の筋肉活動が大きい傾向にあります。

※手幅の違いについては、下記に記述してあります。


ラットプルダウン(手幅)比較 ※順手の場合

肩幅(両肩峰間の距離)1倍・1.5倍・2倍
3つの手幅で比較した場合、

広背筋・棘下筋・僧帽筋

の筋肉活動に大きな違いは見られないと言われています。

上腕二頭筋

の筋肉活動については、手幅が狭いほど活動が大きいと考えられます。
肘関節の可動域が増加するためでしょう。

その他で違いがあるのは、
肩幅の2倍で運動する場合、1倍と1.5倍の手幅と比べて
「負荷」が低下することが分かっています。

つまり手幅が広くなれば、
それだけ動員される筋肉活動が減少していくということが考えられます。


ラットプルダウン(引く位置)比較

①顔(胸)の前に引く
②頭の後ろに引く

広背筋・大胸筋

の筋肉活動に違いは両者において見られません。

三角筋の後部

の筋肉活動は、頭の後ろに引くことで有意な活性化が見られます。

しかし、結論としましては
【顔(胸)の前に引く】ことを強くオススメします。

頭の後ろに引く行為は、
効率的に筋肉を鍛えるというメリットが無い。

さらに、肩関節構造上のインピンジメント症候群など「ケガや故障のリスク」が懸念されます。


あえて方法を1つだけにするとしたら

広背筋を鍛えるという点では、

順手・肩幅の1.5倍・懸垂

をオススメしたいと思います。

※当然ですが、一つの方法に拘らず
刺激を変えながらトレーニングを進めてください。


懸垂トレーニング動画

参考論文

Kinematic and electromyographic comparisons between chin-ups and lat-pull down exercises.
著者:Doma Kら
公開日:2013年9月
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24245055

Effects of Grip Width on Muscle Strength and Activation in the Lat Pull-Down
著者:Andersen, Vidarら
公開日:2014年4月
https://journals.lww.com/nsca-jscr/fulltext/2014/04000/Effects_of_Grip_Width_on_Muscle_Strength_and.35.aspx

Surface Electromyographic Activation Patterns and Elbow Joint Motion During a Pull-Up, Chin-Up, or Perfect-Pullup™ Rotational Exercise
著者:Youdas, James Wら
公開日:2010年12月
https://journals.lww.com/nsca-jscr/fulltext/2010/12000/Surface_Electromyographic_Activation_Patterns_and.27.aspx

Effects of Pre-Exhausting the Biceps Brachii Muscle on the Performance of the Front Lat Pull-Down Exercise Using Different Handgrip Positions
著者:José Vilaça-Alvesら
公開日:2014年10月10日
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4234755/

Electromyographic Analysis of Three Different Types of Lat Pull-Down
著者:Sperandei, Sandroら
公開日:2009年10月
https://journals.lww.com/nsca-jscr/fulltext/2009/10000/Electromyographic_Analysis_of_Three_Different.17.aspx

タイトルとURLをコピーしました